読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腐女子ですが何か?

BLは生きる糧です。

私がBLの世界に魅了された日

あの日を今でもはっきりと覚えている。

 

当時は「セーラームーン」がとても人気で、私もセーラー戦士たちの真似事をして遊んでいた。

「りぼん」と「なかよし」を読んでいた小学生の私は、友達の家で友人のお姉さんが持っていた少女漫画誌「マーガレット」を借りた。

「マーガレット」は小学生の私にとっては少し大人の漫画誌というイメージがあったので、ドキドキしながら読んだ。

 

そして出会ったのだ。「絶愛」に。

 

本当に、本当に、本当に衝撃的だった。

 

絶愛―1989― 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)

 

「マーガレット」に掲載されていた他の胸キュンのラブストーリーとはあきらかに違う。絵柄も荒々しくて全く違う。

そして何よりも内容がすごかった。こんなにも激しい愛があるのかと衝撃を受けた。

というか、この漫画を読んだ時に私は本当にひっくり返った。

 

あの衝撃は今でもはっきりと覚えている。

 

結局その日のうちに本屋さんへ行き、貯めていたお年玉で発売されていた全巻を購入。

読んで読んで読みまくった。1日中読んでいた。

 

そのときは「やおい」と言う言葉も、他のBL漫画も存在していることを知らず、とにかく「尾崎南」というカリスマにハマってしまった。 

 

これはまた別の機会に語るが(長くなるので)、当時の人気同人作家さんは色々すごかった。

誕生日パーティーやダンスパーティー、船上パーティーの開催、ファンクラブ、そして作家自身の写真集も出していた。

その世界に私も憧れたが、小学生の身ではコミックを買うので精一杯。だが今思えばそれだけで済んで良かったと思う。友人のお姉さんはすごい金額を投資したらしい。

 

尾崎南」作品ばかりを熱中して読んでいたある日、ふっと冷静になり周りが見えるようになる。当時の本屋さんでは隅っこにひっそりと置いてあるBL漫画・小説が目に付くようになったのだ。

 

このあと、私は様々な素晴らしいBLの名作と出合うことになる。